「ごくせん」の脚本家江頭美智留が劇団を旗上げ!


by croque-girls

楽しむこと

今さらながら、ブルーマンを観に行きました。
前々から観たいと思いつつ、タイミングを逃していたのですが、増田有華ちゃんがオフだというので、思いついて一緒に行くことに。
でも、せっかくのオフなんで、それだけじゃ、もったいない!
ってことで。
ダーツ→ブルーマン→マジックバー。
というデートコースを計画・実行。

ダーツは二人とも初めて。昼間だったので、店内はガラガラ。
これなら、ダーツがあらぬ方向に飛んでも、人に当たる心配はないんで、安心。
が。
有華ちゃん、初めてだというのに、かなりのセンス。エガシラ、完敗。
ダーツのスペースの隣にはビリヤード台がズラリと並んでいて、それを見た有華ちゃんが、やってみたいと。
昔、ビリヤードが流行った頃、何度かやったことがあるから、今度は勝てるかと思ったけれど。
やっぱり、エガシラの負け。
もうちょいビリヤードで遊んでいたかったけど、時間も迫ってきたことだし、「ブルーマン」の会場へ。予想していた内容とは少々違ったけれど、お客を楽しませるための工夫はなかなかのものでした。三人のパフォーマーたちの言葉のない「演技力」は、役者には、かなり勉強になるんじゃないだろうか。
でも、食べ物やら紙やら、なんか、もったいないなぁ……と気になる部分も少々。
そのあとは、マジックバーへ。
このマジックバーはすごいですよ! 以前行って、あまりに感動したんで、知り合いみんなに紹介したくてウズウズ。
マジックも見事だけど、オーナーでもあるマジシャンの話術が感動モン。
エンターテイメントって、これだよねぇと、惚れ惚れ。
有華ちゃんも、まさに口をぽっかり開けて見入ってました。
人を楽しませることは、あたしたちが一番追求しなくちゃいけないこと。
それを改めて思い知らせてくれたマジックバーでした。

さて。
このサイトは、クロックガールズ旗揚げ公演「結婚の条件」のブログとしてスタートしましたが、これからは、「クロックガールズ」のブログとして続けていくことにしました。
今後もお付き合い頂ければ、幸いです。
[PR]
by croque-girls | 2008-12-28 04:52 | ブログ