「ごくせん」の脚本家江頭美智留が劇団を旗上げ!


by croque-girls

ため息の理由(わけ)

演出協力の私、待田堂子は、稽古中、非常にデカくて偉そうな態度で、
演出の江頭さんの隣にどっかり、足組、腕組状態で座っております。
ついつい、自分が演出する時のようになってしまって……。
ごめんなさい。
いつも、「謙虚、謙虚、謙虚に」と自分に言い聞かせているのですfが、
ついつい、芝居にのめりこんでしまう私…。
いかんなぁ、いかん。
わきまえろって、話ですよ。

そして、たまにどでかいため息を「はぁぁぁぁ」と吐いておりまして、
私と一緒にユニットを組んでいるPADETREのメンバーは、稽古中、
いつもそのため息に縮みあがっているのですが、実は私、不整脈でして、
そうやって深く深呼吸する事で呼吸を整えているんです。
ですから、役者さんの芝居とは、なんも関係ないのです。実は。
「やべっ。俺の(私の)芝居……」なんて、思っていたら、
すんません。ほんとに。

下記にもありますように、日替わりゲスト続々決定です!!
ただいまは、その代役稽古に、やはり、こちらも日替わりで、
PADETREのメンバーが来てくれているのですが、
その代役についついダメ出ししてしまう私。
「お礼こそ然りなのに、ダメだし是如何に」と言った表情で帰って行くメンバー。
すまん!!そして、ありがとう!!

でも、演出魂が疼くのさ。なんてね。
[PR]
by croque-girls | 2008-08-25 21:06